最新鋭の機械「ドローン」とは

最新鋭の機械とはクラウドコンピューティング、IoT、人工知能によって成り立っています。

コンピューターの演算処理能力の向上とネットワークの高速化によって、クラウドコンピューティングが定着しました。

クラウドコンピューティングとは、サービスの提供者が大規模なサーバーを管理し、利用者が遠隔からネットワークでサーバーに接続すれば、大容量のデータをダウンロードしなくても、サービスを受けれれるシステムのことをいいます。

クラウドコンピューティングが発達する以前は、機械に内蔵されたプログラムに従って、動作していたので、プログラム以外の動作をすることができませんでした。

クラウドコンピューティングが発達した最新鋭の機械はネットワークによって、データを送受信するため、いろいろな動作をすることが可能となります。最近ではIoTや人工知能の開発によって、機械が取り込んだデータを集め、そのデータを分析することで、学習能力が身につけることが可能となりました。

例えば、最新鋭の機械で話題になっているロボットには画像や音声を読み取るセンサーがあります。人間が笑っている画像と「うれしい」という音声を同時に読み込んだ時に、人間が笑っているとうれしい感情があると分析します。同じような結果が高い確率ででるようであれば、人間が笑っているとうれしい感情になるとロボットが学習します。

最新鋭の機械はクラウドコンピューティング、IoT、人工知能によって、作業するだけでなく、考える機械になってきています。

肉眼では見えないような部品の製造を機械によって可能になったのと同様に、将来は、人間の知能では考えられないような製品開発をする機械が誕生するかもしれません。ただ、機械だけが発達すると、ネットワークによるデータの送受信をハッカーによって悪用されるリスクがあるので、データのセキュリティー技術も並行に発達していかなければいけないといえるでしょう。

カテゴリー一覧

カテゴリーイメージ

ドローンの基礎知識

ドローンとは、無人の航空機全般を指します。なので、飛行方法や大きさや形状に決まった定義がなく、数多くの種類が存在しています。 形状は、制御のしやすさと安定性からマルチコプター(ヘリコプターの一種。複数のプロペラがある)タイプが主流になっています。

もっと読む >

カテゴリーイメージ

ドローンの歴史

ドローンはここ数年メディアに取り上げられる機会が多くなりました。そのため知名度も上がり、近未来的なデザインで安定した無人飛行をすることから、最新鋭の機械の象徴として認識されています。しかし、ドローンの歴史は意外に古く今から約100年前から運用されていました。

もっと読む >

カテゴリーイメージ

ドローン関連ニュース

テレビなどのメディアで大きく取り上げられ、登場した当時は馴染みのなかったドローンという言葉も現在はすっかり世間に浸透しました。たびたびドローンに関連するニュースが報道されています。そもそもドローンとはコンピュータ制御で自律飛行する無人航空機のことを指します。

もっと読む >

カテゴリーイメージ

最先端技術の機械

日本では、最新鋭の機械の種類がたくさんあります。技術大国と呼ばれることも多い日本では、細かな最新鋭の技術が豊富でありその技術をもとにこれまで多くの発明がなされ世界を牽引してきました。ここでは、そのような最新鋭の機械を紹介します。それは、自動販売機です。

もっと読む >